真夏の道路・車の温度測定結果

street-351481_640

参考までに道路の路面温度と車の車体温度を測ってみました。

  • 測定日:平成26年8月22日 / 11時30分~15時サーモグラフィ
  • 場所:茨城県石岡市柿岡
  • 天気:晴れ
  • 気温:最高35.1度(隣接の笠間市の気温、14時)
  • 測定/撮影機器:サーモグラフィカメラ

※ 最も暑い時期・時間帯のデータです。左が実写、右がサーモ写真です。

路面温度の測定結果

oy¨utotu??aiaso?yocyOyAoy¨utotu??aiaso?yocyOyA

全体的に非常に高温です。50℃を超えています。どうりで歩いていると暑いわけです。日射病には要注意です。

車体温度の測定結果

oyeuyDtuy>aiasoμyycyOyAoyeuyDtuy>aiasoμyycyOyA

かろうじてサーモグラフィーで車体が確認できます。曇ってきた時、手前の車で45℃でした。

室内はサウナ状態なので、できることならば日影に留めたいものです。

実は測ってみると、車体の色で温度がかなり違います。白いほど温度は低く、黒いほど温度が高くなります。

これは着るもの(衣服)でも同様です。白い服の方が涼しく過ごせます。

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このような情報がもっと欲しい方はフォロー

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です