茨城県の中古住宅・空き家をリノベーション(マネジメント)

リフォーム,リノベーション

茨城県の中古住宅・空き家を活用する

毎年多くの新築住宅が建てられていますが、もちろん住宅が不足している訳ではありません。身の回りには既に建てられているが使われていない住宅【中古住宅・空き家】が数多く存在します。

長年スクラップアンドビルドの住生活文化が続き、華奢な住宅もありますが、茨城県にはまだまだ残っている古民家を初め、よく見極めれば十分活用できる住宅が多くあります。

しかし、欧米諸国に比べ日本の中古住宅流通市場は活性化していません。国も経済促進のためずっと新築住宅政策を重視してきました。その結果空き家ばかりが増え困ってしまい、今度は「空き家を減らす」方向に舵を切ることになったのです。

茨城中古住宅

現在の社会ではライフスタイルの多様化に応じ、住まい方の形も様々になっています。既存住宅をうまく活用して住宅に対するイニシャルコスト(初期投資)を減らし、日常生活そのものにお金をかけるという方も増えています。これは賢い選択肢と言えるのではないでしょうか。

リノベーションとは?

中古住宅や空き家、または自宅など、既存の建物を大幅に改修(用途や機能を変更)し、居住性能の向上させ、住む人の価値感・満足感を高めること

目的はさまざまで次のようなケースが考えられます。

  • シャッター通りとなってしまった商店街の空き店舗を利用して、小さなお店を始める。
  • のんびりした田舎暮らしのために古民家を手に入れる。
  • 子ども達が独立したので、個室を区切っていた壁を取り払い、暮らしやすい間取りに変えたい。(減築と言います)

中古物件の活用

新築で家を建てるより、中古住宅・既存店舗を購入しリノベーションをする方が安く済むので、特に若い人の間で増えています。ただし、購入にはリスクが伴うので物件の見極めが重要になってきます。

古民家で田舎暮らし

古民家などをリノベーションして田舎暮らしを楽しむ方が増えています。サポートサービスは、古民家で田舎暮らしをご覧下さい。

ホームインスペクション(住宅診断)を受ける

中古住宅・空き家を手に入れるにしても、事前にその建物がどのような状態にあるのか知っておく必要があります。

しかし、売主や仲介業者からは得られる情報は少なく「現物を見て下さい。(そちらで判断して下さい)」とだけしか伝えられないこともあります。一般の方にとっては建物を見てもよく分からないことだらけで、正当な評価はしにくいものです。

そこでまずは、住宅診断(インスペクション)を受けることをお勧めします。

これは売主側でない第3者が建物の状態を診断し、隠れた瑕疵(欠陥)はあるのか、劣化状態はどうなのか、購入してからどのような修繕が予想されるのか報告するサービスです。

中古住宅や空き家の購入において建物情報の透明性が高まるので、利用者が増えています。

リノベーションのマネジメント

計画の成否を左右するのは「選ぶ」という行為です。

つまり、誰から/どんな建物を買うのか、誰に設計を頼むのか、誰に直してもらうのか、すべてが「選択」の連続です。

「やってみて住んでみて良かった」となるか、「こんなはずじゃなかった」となるか、当然ですが「選択」が結果を大きく左右します。

少しでもそのリスクを軽減するために、プロの第三者が計画をマネジメントする。そんなビジネスサービスをしております。

物件・コスト・依頼先について総合的にアドバイスいたします。

土地購入、物件購入、改修検討、各ステージに応じて対応いたしますので、ご相談ください。

TEL 050-1321-9191

携帯 090-4757-4675

携帯へのお電話が便利です。

受付時間:9:00~18:00、土日祝対応 

代表:串田

(住宅診断士/福祉住環境コーディネーター) 

茨城県石岡市柿岡1975-2 

リノベパーティ(リノパ)サポート

リノベパーティとは、住まいのリノベーションの工事を

  • できることは自分達でやる。
  • 作るプロセスを楽しむ。
  • 友達・家族と楽しみながらする。

という新しいスタイルの住宅改修のことです。 イベントにすることで得られるメリットがたくさんあります。 「興味がある」「ぜひやってみたい!」という方、サポートをお探しの方は、リノベパーティ(リノパ)のページをご覧下さい。

誰かに教えてあげたいと思ったらシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このような情報がもっと欲しい方はフォロー